MENU

総入れ歯とは?|佐世保の歯医者が解説

投稿日:2024年3月30日 | 最終更新日:2024年3月30日

総入れ歯とは?特徴から構造・素材・治療費まで解説

歯の喪失は、噛む機能の衰えや審美性の問題だけでなく、日常生活の質にも影響を与えます。
総入れ歯とは? そんな中で、総入れ歯は多くの方にとって、笑顔と健康な食生活を取り戻すための重要な選択肢です。この記事では、総入れ歯の基本的な特徴、構造、素材、さらには治療費について簡潔に解説し、総入れ歯を検討されている方々がより明確な理解を持てるようにします。金属床義歯 シリコン義歯 インプラント義歯

目次

総入れ歯の特徴

総入れ歯の特徴には、全ての歯を補うことができる利便性があります。さまざまな原因で歯を失った方にメリットを提供し、噛む機能の回復や発音改善に寄与します。また、顔貌のサポートにも一役買い、見た目の若返り効果も期待できます。総入れ歯は、日常生活の質の向上に不可欠な選択肢となるでしょう。

総入れ歯の構造・素材について

総入れ歯は、天然の歯がない方のための歯科補綴物です。その構造は、人工歯とそれを支えるベース(義歯床)から成り立ち、義歯床は口腔内の形状に合わせてカスタマイズされます。素材は、アクリル樹脂が一般的で、弾力性や色の自然さが求められ、快適さと見た目の良さを両立します。また、軽量で耐久性に優れたコバルトクロム合金や、アレルギー反応の少ないチタンも使用されることがあります。快適性や耐久性を考慮し、患者さんのライフスタイルや健康状態に合わせた素材選びが重要です。総入れ歯の素材と構造は、日常生活における機能性と満足度に直結するため、適切な選択が求められます。

入れ歯の「歯ぐき」の役割とは?

総入れ歯における「歯ぐき」の役割は、機能性と快適性の両面で極めて重要です。この部分は自然な歯ぐきを模しており、装着時のフィット感を高めることで違和感を軽減します。さらに、入れ歯と口腔内の組織の間に適切な圧力分散を行い、噛む力を支える役割を果たします。これにより、安定した咀嚼機能を維持し、発音の明瞭さにも寄与しているのです。総入れ歯の「歯ぐき」は、日常生活における自然な口元の動きをサポートするために不可欠です。

入れ歯の「歯」は自然に見える?

現代の総入れ歯は自然な見た目を重視。高度な技術と精密な色合わせにより本物の歯と見分けがつかないレベルを実現しています。素材も進化し、肌色に合わせたガム部分と、自然な白さの人工歯を使用。見た目の不安を抱える方へ、信頼できる解決策が提供されています。

総入れ歯とは?

総入れ歯の費用について

総入れ歯はその名の通り、口内の全ての歯を補完する義歯です。治療費は様々な要因によって異なりますが、保険適用の条件を満たす場合と自由診療を選択した場合で大きく変わります。保険診療の場合は、患者の年齢や健康状態によって保険が適用される基準が決まっており、一定の割合で費用が抑えられます。一方、自由診療の総入れ歯はより高品質な素材やフィット感を求める場合に選ばれ、保険適用外のため費用が高くなります。

具体的な価格帯を見てみると、保険適用の総入れ歯は数万円からと手頃な価格で始まりますが、自由診療の場合は数十万円から百万円を超えることもあります。追加費用としては、調整や修理、メンテナンス費用が考えられます。これらを踏まえた上で、患者さんが予算計画を立てる際には、治療前のカウンセリングで総入れ歯にかかる治療費や保険適用の有無を詳しく聞いておくことをお勧めします。

自由診療でつくる、総入れ歯とは?

総入れ歯は、全ての歯を失った方に適した歯科補綴物です。一般的に保険診療で提供される総入れ歯とは異なり、自由診療によるものは高度なカスタマイズが可能です。素材の選択肢が広がり、見た目やフィット感に優れた製品を選べます。保険診療の範囲を超える技術や材料を採用することで、快適性と機能性を追求した総入れ歯が実現します。ただし、治療費は保険適用外となるため、コスト面での考慮が必要です。自由診療の総入れ歯は、細部にまでこだわり、理想の口元を取り戻したい方に適した選択と言えるでしょう。

あなたはどのタイプ?自由診療でつくる、総入れ歯の種類

自由診療で選べる総入れ歯の種類は、患者様のニーズに合わせたカスタマイズが可能な点に大きなメリットがあります。例えば、高級素材を使用したものや、見た目にこだわった審美的なもの、また咀嚼機能を重視した機能性に富んだタイプなど、幅広い選択肢が存在します。これらは、患者様の口腔内の状態や、日常生活での快適さ、審美性、予算などによって選ばれます。自由診療であれば、保険診療に比べて高品質な材料を用いたり、より精密なフィット感を追求することができるため、自分に合った総入れ歯を選ぶための参考にしていただけるでしょう。

歯科用磁性アタッチメント(マグネット・デンチャー)

歯科用磁性アタッチメント、すなわちマグネット・デンチャーは、磁力を利用して入れ歯を安定させる先進的な方法です。磁石が組み込まれた小さなアタッチメントを利用し、入れ歯がぐらつきにくく、快適な着け心地を提供します。特に自由診療において選択されるこの種類の入れ歯は、取り外しも容易で、日常生活における安定性と機能性を重視するユーザーに最適です。

金属床義歯

金属床義歯は、高い耐久性と快適な装着感が特徴の総入れ歯です。金属を土台に使用することで、薄くて丈夫な床を実現し、咬み合わせや発音が自然に近づきます。また、体温による金属の微小な変形がジャストフィット感を生み出し、長時間の使用でも不快感が少ないのが利点です。自由診療の選択肢の一つとして、そのメリットを享受する患者が増えています。

シリコーンデンチャー

シリコーンデンチャーは、総入れ歯の一種であり、その高い柔軟性と快適な装着感が特徴です。素材としてのシリコーンは、口腔内の変形に対応しやすく、粘膜への優しさから高齢者やデリケートなガムを持つ方に適しています。また、自由診療で製作されるため、患者さんの要望に応じたカスタマイズが可能です。咬む力の分散も良好で、食事中の安定感に優れているため、快適な日常生活をサポートします。

生体機能的補綴システム(BPSデンチャー)

生体機能的補綴システム(BPSデンチャー)は、患者の口腔内環境に合わせて精密に設計される高品質な総入れ歯です。快適な装着感と自然な見た目が特徴で、食事や会話が格段にしやすくなります。BPSデンチャーは患者の咬合力や舌の動きを考慮し、積極的な社会生活を支援します。自由診療の範囲内で提供され、利点は多岐にわたります。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーは、口腔内の機能性と審美性を向上させる革新的な歯科治療法です。このアプローチでは、顎骨に精密に埋め込まれたインプラントをアンカーとして使用し、取り外し可能な総入れ歯を安定的に支えます。このシステムの大きな利点は、従来型の総入れ歯が持つ不安定さや、使用中の不快感を軽減することにあります。インプラントによる固定力は、食事中の総入れ歯の動きを大幅に抑制し、より自然な咀嚼感を実現します。

特に、歯を失った高齢者や、長期間総入れ歯を使用してきた患者にとって、インプラントオーバーデンチャーは生活の質を向上させる選択となり得ます。自由診療においては、患者のニーズに応じたカスタマイズが可能であり、顎骨の健康状態や経済的な考慮を踏まえた上で、最適な治療計画を提案することができます。インプラントオーバーデンチャーによる総入れ歯の固定は、発音の改善や、見た目の自然さを追求する上でも重要な役割を果たします。また、顎の骨格を維持する効果があり、長期にわたる顔貌の変化を抑える助けとなります。

インプラント治療

気を付けたいお口のトラブル

総入れ歯を使用すると、お口のトラブルが発生することがあります。一般的に、総入れ歯のフィット感が悪い場合、口腔内の炎症や痛みを引き起こし、食事や話しにくさに繋がる可能性があります。また、不適切なお手入れはカンジダ症などの感染症のリスクを高めることがあります。予防対策としては、日々の入れ歯の適切な洗浄、定期的な歯科診察でのフィットのチェックと調整、そして口腔内の健康維持のための適切な清掃が重要です。これらのケアを怠ると、口腔の健康を損ねるリスクが高まります。総入れ歯利用者は、これらの日々のケアを心掛けることが、快適な使用につながるのです。

入れ歯と総入れ歯の違いは何ですか?

入れ歯は、一部の歯を置き換えるための人工の歯です。総入れ歯は、全ての歯を置き換えるための人工の歯です。

総入れ歯はいくらぐらいしますか?

料金は歯科医院によって異なる場合がありますので、具体的な料金については、お近くの歯科医院に直接お問い合わせいただくことをおすすめします。

総入れ歯のデメリットは?

日本語で回答いたします。
総入れ歯のデメリットは、以下の通りです。
食事の制限: 総入れ歯を使用すると、硬い食べ物や粘り気のある食べ物を制限しなければならない場合があります。
不快感: 入れ歯は口の中に異物感を与え、長時間装着すると不快感を感じることがあります。
言語の制約: 入れ歯の装着により、言語表現や発音に制約が生じることがあります。
口腔の変化: 入れ歯の圧迫により、口腔組織や顎の形状が変化する場合があります。
メンテナンスの必要性: 入れ歯は定期的なメンテナンスが必要であり、清掃や調整が必要となります。

総入れ歯は何年くらい持ちますか?

総入れ歯は通常10年から15年持つことがあります。ただし、個人の口腔の状態やケア方法によって持ち時間は異なります。定期的なメンテナンスや適切な清掃を行うことで、入れ歯の寿命を延ばすことができます。

佐世保市で歯の矯正治療でオススメはこちらです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次